墓じまいをするには少なくとも費用がかかるので親族の同意も取ろう

墓

誰かが管理してくれますか?あなたのお墓

おばあさんの遺影

昔の日本では、どなたかが亡くなると先祖代々のお墓に入り、子孫や親戚がそのお墓の管理をしてくれるのが当たり前でした。しかし少子高齢化がますます進みますし、生涯未婚のままで過ごす方々も増えています。自分に子供がいない場合、たとえ自分が入るための先祖代々から続くのお墓があったとしても、その後の管理を任せられる子孫がいなくなってしまいます。
もしくはたとえ子孫がいたとしても、お墓の世話を任せられる状況だとは限りません。遠い海外に住む場合もありえますし、時には大きな負担となってしまいかねないのです。あれこれ思い悩むよりは自分の代でけじめをつけ、「墓じまい」をすることも先祖への礼儀のひとつの形といえるかもしれません。墓じまいとはお墓から遺骨や墓石を片付けて、文字通り、そのお墓を終わらせること。終わらせるといっても、と先祖の遺骨を丁寧に集めてから永代供養をしてくれる集合墓地などに移したり、または散骨をおこなったりしてきちんと供養するのです。
古くから続いてきたお墓を自分の代で終わらせることを、ご先祖に対して申し訳なく思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、管理する人がいなくなったお墓は荒れてしまいます。そのことを考えたら、きちんとけじめをつけて、自分の代で墓じまいをしたほうが、ご先祖は喜んでくれるかもしれません。

CONTENTS

木魚を叩いているお坊さんの絵

墓じまいの相場

墓じまいとは、今あるお墓を撤去して、遺骨を他の墓地に移したり、永代供養墓地などに改葬することを言います。墓じまいに…

お坊さんの絵

お墓を守るものがいなくなると

最近の核家族化が進むとだんだんと、実家から遠くに行ってしまい、実家、本家の、先祖代々の墓を間もてくれる人がいなくな…

おじいさんの遺影

墓じまいの手順に関して

お墓を守る人がいなかったり、お墓が遠くなかなかお墓参りにこれずお墓参りが途絶えてしまうといったことがあります。それ…

おばあさんの遺影

誰かが管理してくれますか?あなたのお墓

昔の日本では、どなたかが亡くなると先祖代々のお墓に入り、子孫や親戚がそのお墓の管理をしてくれるのが当たり前でした。…