墓じまいをするには少なくとも費用がかかるので親族の同意も取ろう

墓

墓じまいの手順について

お墓の絵

お墓は代々受け継がれていくものだと思いの方が多いかと思いますが、最近では子供のいない家庭や金銭的な理由などで墓じまいを選択する人が増えています。少子高齢化の時代は更に加速し、お墓を受け継ぐ人が減少している中で無縁墓を作らないためにも自分の代で墓じまいをする人が増えていき、中では永大供養を望む人も増えています。
では実際に墓じまいはどうやって行われるのでしょうか。墓地の管理者(住職)に連絡をし、墓じまいをする旨を了承してもらうところから始まります。既存の墓地のある自治体に改葬許可証を発行してもらい、墓じまいを行います。墓じまいはお寺から借りている敷地を全て撤去し、更地にして返却する必要があります。墓石の大きさや撤去する範囲によって撤去費用が変わりますので見積もりをしっかりして確認した方が良いでしょう。
無事に墓石の撤去が終わったら「魂抜き」の作業です。お墓内に収められている遺骨を取り出し、魂を抜く儀式のことを言います。その後は永大供養を行うも良し、納骨堂へ納めるなどご自身の希望する保管方法を選びます。檀家を辞めることになるのでお布施が必要になります。一回分のお布施を額と同じで良いでしょう。そして墓があった敷地を綺麗にして墓じまいは完了です。

墓じまいの理由

墓じまいとは、様々な事情で行われたりします。まずは、墓参りに行くことがもうできないとかそうした理由です。後はもう祭祀を継いでくれる人がいないことが確定しているので、畳んでおこうと考えるわけです。そうした理由によって墓じまいをしようとするご老人が増えているわけです。
墓とは基本的に借りている、という形になります。ですから、まずは寺などに申込みをすることになります。まず、こうしたことが面倒、と考えることがあるでしょう。はっきりいって基本的にはまず墓じまいをしようとする人は、老齢の人です。ですから、様々な手続きをすることが面倒、と考えることはよくあるのです。それは注意しておきましょう。ですから、もう専門的な業者に任せてしまう、ということもあるりでしょう。そうすることによって、かなりしっかりとスムーズに進めることができます。
また、墓をやめるだけなのに、と思うかもしれませんが費用が意外とかかることになります。まずは墓の撤去費用がかかります。ですから、墓じまいというのはなかなかハードルがあるといえますので、熟考した上で行うようにしたほうがよいでしょう。一度撤去したら元に戻すことはできないのですから慎重にやることです。

墓じまいの費用や流れとは

墓じまいは何かしらの理由で墓を撤去して移転などする事ですがまず一般的にお墓の敷地はお寺から借用している状態にありその為墓じまいをする場合は全て撤去し更地にしてお寺へ返さなければいけません。
ずクレーン車で墓石を解体しトラックへ積み込みます。その後は遺骨を取り出すのですがその費用は相場としては2万から5万円程度が相場として言われています。そして新しい墓地では手続きがかかりますが納骨堂に入れる際も1体ごとに3万円程の費用がかかってしまいます。お墓に納骨する際にかかる費用はお布施も含めて数万円から十数万ほど必要になります。墓じまいで檀家を辞める際住職に離檀料と言う物を支払うのですがこちらは一般的に3万円から10万円程度かかる事になります。
近年墓じまいをする家が増えた事で経営が困難になってきているお寺が増えておりその為に明らかに相場よりお布施を提示される場合がありますがその際はお断りしましょう。何故ならば離檀料を支払わないからといって改葬を止める権利は寺院には無いからです。手続きが面倒な場合は代行業者に頼むのが良いでしょう。この場合であれば時間以外にも手間やコストをもっと最小限に出来るでしょう。

CONTENTS

木魚を叩いているお坊さんの絵

墓じまいの相場

墓じまいとは、今あるお墓を撤去して、遺骨を他の墓地に移したり、永代供養墓地などに改葬することを言います。墓じまいに…

お坊さんの絵

お墓を守るものがいなくなると

最近の核家族化が進むとだんだんと、実家から遠くに行ってしまい、実家、本家の、先祖代々の墓を間もてくれる人がいなくな…

おじいさんの遺影

墓じまいの手順に関して

お墓を守る人がいなかったり、お墓が遠くなかなかお墓参りにこれずお墓参りが途絶えてしまうといったことがあります。それ…

おばあさんの遺影

誰かが管理してくれますか?あなたのお墓

昔の日本では、どなたかが亡くなると先祖代々のお墓に入り、子孫や親戚がそのお墓の管理をしてくれるのが当たり前でした。…